2017-07

すだちのジャム

経済的で
簡単
お手軽
手間なしでおいしいのよ

ってのが大好きです


料理も基本的に大雑把・・




ストックしていた甘夏ジャムとレモンジャムがなくなってしまったので仕方なしとも言いますが
すごくお買い得な(←ここ大事)ジャムになりそうな果物を色々と見繕ってきた


まずは・・

一袋60円なるスダチを発見
しかも一袋に5~6個も入ってる!
これは買わねば!!でしょ?


二袋買って
早速ジャム作り開始


私が作るジャムの基本配合は
ジャム本体(今回はスダチ)の約半量の砂糖にレモン大さじ4杯以上のみ


市販のジャムは甘すぎてあまり好きではない
さっぱり甘酸っぱいのが好き
なのでレモン大目でお砂糖控えめです

まあ、あまりお砂糖を控えると保存面でどうなのかは置いといて
酸っぱいものはお砂糖大目に
甘いものはお砂糖控えめに
味を見てレモンを加えて作っています



今回はスダチ12個を念入りに洗って
青い部分の皮を薄くむく

とりあえずむくむくむく・・

お水にさらしてもイイかもしれないけれど
面倒なのでそのまま皮をむいている間にお湯を沸かして
むいた皮を投入・・

苦いのが苦手なので
どうせジャムにする間に煮込むし(←こういう人)
良いだろうと思い数分ゆでてみた(←5分以上は煮た気がする)

皮がぐったりしたところでざるにあげて薄く千切りにしておく
ちょこっとかじってみたが

うん・・皮の味だ(←なんじゃそれ)
さっと湯通ししたのとそう変わらんじゃないか・・
気持ち苦みが少ないような気もするな
これからはじっくりゆでよう・・



そしてここからが面倒な作業の開始・・
皮をむいたスダチの白い薄皮をむく(←これは簡単に取れる)
丸のままをミキサーにでもかけようかと思うが
こういう酸っぱいのって種が多いので
諦めて薄皮を取って実を取り出す
※ 料理はさみで切り目を入れると簡単に薄皮が取れる

別に薄皮ついたまま種を取ってミキサーにかけるか適当に刻んでジャムにしてもいいのだが
出来上がりが薄皮があるとざらつく感じの食感になり
それが好きではないので私は取るだけ





≪ すだちのジャム ≫


・実を取り出したスダチとゆでて薄く千切りにした皮合わせて 300g~400g(←ここらがアバウトな人・・)

・ジャムにするスダチの分量の半分くらいのお砂糖 150g を用意(←あくまでも目安)
(その時の気分によって黒砂糖だったりグラニュー糖だったり氷砂糖だったりを使用)
 今回は残っていた氷砂糖を使用した

※ スダチは酸っぱいのでレモン不使用・・こういうのはペクチンが多かったと思う・・






では作る



① お鍋にスダチをまとめて入れて、用意したお砂糖の8割くらいを混ぜて合わせる
 
 ※ お水を入れなくてもジャムなんてお砂糖を果物に絡めれば大概の果物からは水分が出てくる
 

② 強火と行きたいが水分が出るまではぐっと我慢して、中火で火にかけてお鍋の中身を混ぜる

 ※ 混ぜる事によって水分が出やすくなる。原型を残したい人はレンジで作ったのが良いのかもしれない。
   私はドロドロの形のないジャムが好きなので混ぜくる


③ 混ぜていると水分がすぐに出てくると思うので、アクを取りながら煮詰める

 ※ 柑橘系は水分が出て来たら時々かき混ぜる程度で放置プレイ開始・・
   半分の量くらいになったら混ぜながら味を見て残りのお砂糖やレモンを加える


④ 始めの量の半分以下に煮詰まったら底面が焦げやすくなるので混ぜながらとろみ具合を見ていく

 ※ 基本的に柑橘系のジャムは中火で作る。弱火でコトコトやってるとめんどくさい・・
   私はここから面倒なので少し火を強めにしてとろみを一気につけ、とろ~んとして来たら弱火にして
   自分の好きな硬さまで煮詰める。(←慣れていないと煮詰めすぎるのでお勧めはしない)

 ※ ジャムを作り始める前か、ジャム作りと並行してお湯で詰める瓶を煮沸しておく


⑤ とろみが良いようなら、ジャムが熱いうちに瓶へ詰めて蓋をする

 ※ 私はヨーグルトなどに混ぜるものにするなら少しゆるめにして、パンに塗るなら気持ち固めにする
   とろみ加減は個人の好みになるのでどれくらいまでとかは言えない・・
   とろみをどれくらいつけたらいいのかわからなよ~~って人は、弱火にしておいて(←ここ大事)
   冷やしておいたお皿等に少しジャムを垂らしてみて、とろみ具合を見るのがベストかな?
   指先などに少しジャムの水分部分を付けてとろみを見ても良いがやけどには注意が必要


⑥ 粗熱が取れたら冷蔵庫へ・・

 ※ 私はそのまま粗熱を取るのも面倒なので、
   熱い瓶を八文目くらいまでお水に浸けて冷やし冷蔵庫へ入れる




今回粉になっていた氷砂糖使用したので出来上がりの色味も綺麗でした
結局味を見ながら170gくらいのお砂糖を使用したのかな?


RIMG0037_convert_20131017070944.jpg


瓶の大きさは・・
中瓶?サイズ(ダイキで一個100円くらいの瓶を使用)


今回の400g弱のスダチで出来たジャムの量はこの量でした


一度にたくさん作るの面倒なので(←おい)

というか小さい片手鍋で作るので
いつもこの瓶2~3つくらいの量になります
果物の分量は800gくらいまでが一番作りやすいですね(←混ぜやすい)


お砂糖は黒砂糖だとなんていうかコクはでるけれど出来上がりの色味が悪くなる
水分の多い果物では氷砂糖を使用すると、すごくさっぱりとしたジャムが出来上がって私は好き
普通の白いお砂糖でも普通においしいジャムができるし
そんなにこだわらずあるもので手軽に作ります

時間がかかるのも面倒と感じてしまうのでいつもとても簡単に作ってしまう

でもおいしいよ


そうグルメでもないせいか細かい味の違いなんて私にゃわからん
自分が食べておいしければOKなのです



でもスダチはやっぱり苦いな・・
お姉ちゃんにあげよう(←まずい訳ではないと思う・・)



よし!!
次はみかんだ!(←わんこじゃない方の)




※ 10月26(土)27日(日)ホテル奥道後 『 おまつり市場 』 へ参加します

にほんブログ村 猫ブログへにほんブログ村 ハンドメイドブログへにほんブログ村 ハンドメイドブログ 羊毛フェルトへにほんブログ村 ハンドメイドブログ 粘土細工・ミニチュアへ
スポンサーサイト

● COMMENT FORM ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://himenekonya.blog49.fc2.com/tb.php/1176-c56e8bcd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

みかんジャム «  | BLOG TOP |  » ちょっと可愛い・・

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

粘土細工 (435)
フェルト細工 (143)
羊毛フェルト猫の作り方 (8)
オーダーご依頼について (1)
粘土猫・羊毛フェルト猫の体験教室 (1)
未分類 (0)
にゃんこ (39)
わんこ (1)
子猫を保護した時 (1)
いなくなったにゃんこ (5)
2010年・2011年 (329)
2012年 (28)
2013年 (69)
2014年 (10)
2015年 (40)
2016年 (12)
2017年 (3)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

プロフィール

ねこにゃ

Author:ねこにゃ
にゃんこブログ
『 うにゃにゃにゃ 』へ
ようこそ!

にゃんことわんこの日常報告。
にゃんこ細工(ねこにゃ堂)紹介もあります。

にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村