2017-09

突然死。

事後の お知らせになります・・・・。

報告が 遅くなったことを お許し下さい。



















1月22日、









モカさん が 突然、
遠い所へ 旅立ちました・・・。




まだ 5歳前 でした。









突然死?











いや、

少し前から なんとなく 予感は していたので、
いつもの 場所で 横たわっている 姿を見た瞬間、

やっぱり、

っと 思いました。



食欲も あり、 
じゃらしでは 遊んで、
他の にゃんこさん達と 走り回り、
うにゃにゃにゃにゃ と、
怒っていた モカさん・・・・。




それでも きっと 何かが 違っていたのかもしれません・・・・。




なんとなく、
本当に なんとなく このこ いなくなるのかな?
って、 いなくなってしまう 1週間くらい前に ふっと 思いだしました。



虫の知らせ?
もともと 野生の感は 強い と思う。
今までも 予感は あまり 外れない。




でも、 外れて ほしかった・・・・。


せめて 私の いる時に 逝ってほしかった・・・・。
逝くときは 言ってから 逝くんだよ? って モカさんに 言ってたのに・・・。



きっと、 
私が 帰ってくると ごろ~んと 転がって、 
お腹を くねくねしていた その場所で、

待っていたんだな とも思う。


見た時に 寝ているのかと 思うほど、
自然に 横たわっていた。


身体は ほのかに暖かく、 手足は 冷たくなっていた・・・。




朝からの仕事で、 11時過ぎに 帰ってきて 見つけた。
本当は 家に寄らずに、 そのまま 病院へ 受診する予定だったのに、


なんでだか 一度 家に 帰った。



呼んでくれたのかな?
早く見つけてね って・・・・。



猫箱の 中だったら わかんないかも って、
いつもの 場所で、


待ってたのかな?



横たわる モカさんを 見た時、
やっぱりか と思うと同時に、
ここで 待っててくれたんだね、
って 思った。

冷たくなっていく 動かない 身体を 撫でながら、
何の反応もしてくれない モカさんに 話しかけながら、



涙が 止まらない・・・・。




もう、 もかさん って呼んでも、 怒ってくれない。


うにゃにゃにゃ と 文句を言いながら、
やってこない・・・。


くちゃい おしりを さあ、匂えって 持ってこない。


お膝に 乗ってきて すりすりも してくれない・・・。


落ち込んでいる時に、
私のお膝に 前手を乗っけて うにゃにゃにゃ って、 元気づけてくれない・・・。





もっと 長生きしても 良かったんだよ?
こんなに 早く 逝っちゃわないでも 良かったのに・・・。





モカさんは 独りで 逝ってしまいました。





どこかで 予感しながらも、 ショックで・・・・。



なんとなく 普段と 違った?
どこか おかしかった?
何か 訴えていた?


小さい時から 一か月に数回 むせ込むような 咳をしていることがあった・・・。
でも、 すぐに ケロッとして 走り回っていた。


連れて帰った時から、 リンパに 数か所 腫瘤があり、 猫エイズや 白血病の検査もした。
結果は 陰性だった。

大きくなるにつれて 腫瘤もなくなっていた。




何が 起こったんだろうか・・・・?





って、 何度 思い起こしても もう 遅い。




冬場は にゃんこさんが 亡くなりやすいって 聞く。
突然死 ってのも、 よく 聞く。



まさか モカさんに 訪れるなんて、 思いもしなかった・・・。




泣きながら タオルを しいて、 箱を探す。

撫でながら また 泣く。
ぼてさんが 鳴きながら 付きまとう。
ラッキーさんやちぃーさんが、 
冷たくなっていくモカさんの 匂いを嗅ぐために 何度も 何度も やってくる。
お箱に 入れた後も、 ちょっかいを出しにやってくる。



みんな なんとなく 動かない モカさんを わかってる?
寝る頃になって 鳴きやまない ぼてさん・・・。
いつもは こんなに ずっと 鳴くことはない。

お箱に 入って モカさんも 最後の夜を 一緒に迎える。
ぼてさんを 抱っこして、 なだめる。


いつも ぼてさんと 一緒に 寝ていたから?
ぼてさんに 懐いていた もかさん。
おボケになっても ぼてさん わかるのかな?


今年に 入って 急激に 弱ってきた ぼてさんが 先に逝くのでは? って 思っていたのに・・・。
こつこつさんに なりながら ぼてさんは 頑張っている。


先に 逝っちゃった モカさん・・・。






たまたま 行った大洲の 花火の日、
たまたま 寄った 山奥の 親戚のお家、
猫屋敷 になりつつある お家の外猫の 一匹だった モカさん。

薄汚れて、
茶色いシャム系の 仔猫さんだった。
目ヤニと 鼻水と お耳の中も 真っ黒。
とても いい環境ではない、 汚い所。


何匹も いる 仔猫さん の中で モカさんだけが、 寄ってきた。


寄ってきたってことは 助けて って事。
そのまま もらって 連れて帰る。




家に 帰って 明るい所で 見てみて びっくり。

目やに 鼻水 耳ダニだけじゃない。
ノミだらけ、
しかも ちいちゃい1mmにも満たない ちいちゃいものが びっしりと体中に ひっついて 動いている。

翌日 病院へ 連れて行き、 獣医さんも びっくり。
なんだか でかい辞典を持ち出し、
顕微鏡を見ながら 調べていく・・・。


回虫 条虫 猫風邪に ノミ 耳ダニ、
ハダニの一種、
名前のわからない 寄生虫たち・・・・。

オンパレードの 仔猫さんだった。




とりあえず お風呂に入れて見ると きれいな しまのある シャム猫さん になった。
毎日 ピンセットで ハダニや 名前のわからない虫たちを 取っていく。



おしゃまさんで、
いけずをして 怒られると、

うにゃにゃにゃにゃ って 怒りながら やってきて、 お膝に乗ってくる。


モカさん って 呼ぶだけで、

うにゃにゃにゃにゃ って お返事を してくれた。



この ブログの うにゃにゃにゃ は、 モカさんの それから 取った。







23日に お見送りに 行って また 泣いて・・・・。
お空へと 立ち上っていく モカさんを 見て じんわりと また 泣く。




しばらくして、 これを 書きながら また 泣く・・・・。




こんなじゃ モカさん 怒ってるはず。
うにゃにゃにゃ って 言いながら・・・・、


・・・・目に浮かぶ。







ぽっかりと 心に 穴が 開いた感じ。




ガザさんの 時は 本当に 辛くて 辛くて 立ち直れるかって、
自分で 不安だった。

美人さんの時も 辛かったが、
最後まで 見れたこともあってか やりきった感が あった。

モカさんが 逝って、 今 思い出しては 涙ぐんでいる。




冷たい人間なのか、
生きているものは 中身が 大切 だって 思う。



外見は ただの 器 にすぎないから。



勝手な 言い分だが、

器が 壊れたら 中身は、 他の器に 入って 生きていく。
他の器に入って 帰って来てくれる。

それが いつかは わからないけど、
なんかの拍子に、 きっと 思う。


モカさんも こんなだったな って。




器が 壊れちゃった モカさんが 他のこの中で 生きている、 はず。




自分でも おかしいんだけど、

そんな 風に思ってしまう。



ガザさんも 美人さんも、
他の子に 混じって 存在している。


その内 モカさんにも どこかで 出会うかな?
他の 子に 入って 帰って来てくれるかな?


ただの 偽善かも しれませんが、
いつも、
こんな 考え方を してしまいます。







もかさん 訃報の 報告が 遅くなりました。

支離滅裂な 内容と なっているでしょうが、
お許し下さい。



モカさんの 最後の お写真です。
見るのが 辛い人は ここで やめて下さい。

































寝ているような お顔をしています。
そんなに 苦しまずに 逝けたのかな?

RIMG0001_convert_20110123195549.jpg


ここで こんな 感じで 横たわっていました。

RIMG0003_convert_20110123195642.jpg


いつもは この後に、 お腹を 見せて お帰りなさい をしてくれていました。



きつきつの お箱しかなくて・・・・、
窮屈そうです が、 モカさん 狭いところ 大好きだったので 許してくれるかな?

RIMG0008_convert_20110123195623.jpg

私の モカさんの イメージカラーは、
オレンジ と ピンク でした。
お花より はっぱが 好きな子でしたが・・・・。




人も 猫も 犬も、
逝くまでの 経過が 大切だと思う。


生きていく間に、 後悔しないことは まずない。

少しでも 後悔を減らすために できる限りのことを していく。
そうやっていても 後悔ばかり している・・・。



限りある 命だから、
限りある 最後の 時まで・・・・。




3月6日(日) 私のアイテム手づくり市 へ参加予定です。
1月30日の新居浜イベントは・・・、体力的に無理かも・・・ 。
にほんブログ村 猫ブログへにほんブログ村 猫ブログ 猫犬 多頭飼いへにほんブログ村 猫ブログ 猫用品・グッズへにほんブログ村 ハンドメイドブログへにほんブログ村 ハンドメイドブログ 粘土細工・ミニチュアへ
スポンサーサイト

● COMMENT FORM ●

ぷな様

ぷな様

初めまして、コメントありがとうございます。
インテックスでのお買い上げありがとうございました。
私もたましか参加できない(今回は1年ぶり)ので、すごい偶然かも(笑)。


そうですね。
いなくなった子達の魂のかけらは、他のこの中で生きていると思います。
いつかきっと、あのこもこんなことしてたな、って思う日が来るのではないかと思います。
いつか、きっと・・・・。

とらる様

とらる様

はじめまして。
コメントありがとうございます。
そんな風に言って頂けるとありがたいです・・・。

モカさんの魂のかけらは、他の子達の中で生きていくと思います。
いつかきっと、モカさんもこんなことしてたな、って思う日が来ると思います。
変な話ですが、ガザさんがいなくなって数年経ちますが、他のこの中にガザさんの面影が見え隠れしている時もあります。
亡くなった子達の魂のかけらは、他の子達に入って戻ってきてくれている気がします。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

まつぼっくり様

まつぼっくり様

コメントありがとうございます。
まだ、当分の間はモカさんの事を引きずっていくと思いますが、他のにゃんこさん達に少しずつ癒されてきています。ガザさんが亡くなった時のように、少しずつ、少しずつ、心の穴が塞がって行くんじゃないかと・・・・。

モカさんが生きていた5年間、幸せだったと思っていてくれたら・・・・、とても嬉しいですね。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://himenekonya.blog49.fc2.com/tb.php/424-a7263ecc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

突然死の後で・・・・。 «  | BLOG TOP |  » オーダーにゃんこ完成です。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

粘土細工 (437)
フェルト細工 (144)
羊毛フェルト猫の作り方 (8)
オーダーご依頼について (1)
粘土・羊毛フェルト猫の体験教室 (1)
未分類 (1)
にゃんこ (37)
わんこ (1)
子猫を保護した時 (1)
いなくなったにゃんこ (5)
2010年・2011年 (329)
2012年 (28)
2013年 (69)
2014年 (10)
2015年 (40)
2016年 (11)
2017年 (1)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

プロフィール

ねこにゃ

Author:ねこにゃ
にゃんこブログ
『 うにゃにゃにゃ 』へ
ようこそ!

にゃんことわんこの日常報告。
にゃんこ細工(ねこにゃ堂)紹介もあります。

にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村