2017-05

自然薯食べたー

拍手コメント頂いていました!
ありがとうございます~


庭で掘った自然薯をとろろにして食べました!
ものすごく美味しかったです!!






私が好きなとろろはだしでとかす分・・


山芋を目の粗いスポンジで洗って薄皮を取って毛穴?が目立つところはちょこちょこっと削って
すりおろしました
卵とめんつゆで手軽に作ってみた


本当にものすごい久しぶりに自然薯を食べましたが
こんなに甘かったっけ??
ってくらいには甘くておいしかたです!!

長いもはよく食べるんだけれど
ここまで甘くないものな~
本当に美味しい♪


ムカゴは塩ゆでした後にイカと炒め物にしました
これまたすごくおいしかった~
お写真撮るまもなくなくなった・・


来年の今頃がとても楽しみになりました








とろろといえば・・・
初めて酸っぱい青のりの乗っているとろろを食べさせられた時は吐き気を催しました・・
あんな見た目にもげ●っぽい食べ物に酸っぱい味付けをするなんてえぐいわ
とものすごい衝撃を受けた事を思い出した・・


好みの問題もあるけれどとろろはダシだよね~?
酢物も大好きですがとろろには合わないと個人的には思う・・
乱切りした長いもの酢物あえとかは平気だけれど
やはり見た目が大事だよ・・

もんじゃもげ●っぽくて苦手だもの・・
ご飯と焼きそばを短くして炒めた様なものも苦手です・・
食べたらおいしいんだろうけれど
敢えて食べないものたちです・・

うん●チックなカレーとは全く平気なのにな~
かりんとうもこれうん●みたいだよね~とか言って平気で食べているのに
何故酸っぱいとろろは無理なんだろう?
酸っぱいとろろだけはどうやっても飲み込めませんでした・・

思い出したら口の中が酸っぱくなってきた・・



にほんブログ村 猫ブログへにほんブログ村 ハンドメイドブログへにほんブログ村 ハンドメイドブログ 羊毛フェルトへにほんブログ村 ハンドメイドブログ 粘土細工・ミニチュアへ

レモンジャムを作ってみた・・

奥道後のイベントへ行った時におみかんやレモンを売りに来られている人がいた・・


今までに見た事ないくらい大きく育ったレモン・・
3個で100円だったのでジャム用に6個買ってみた





大きさはこのくらい


RIMG0001_convert_20131101185428_20131101185821ea9.jpg


どのくらいだって?
手で持ったらこのくらいのデカさです・・


RIMG0002_convert_20131101185453_20131101185820dae.jpg


今回は皮部分を使う予定はないので
無農薬で栽培したとかで皮部分は使えそうにもない状態だけれども
中身が多そうなこれでいいかと思って買った・・


まず外側を綺麗に洗って
包丁で皮を取る


RIMG0003_convert_20131101185508_20131101185820e09.jpg


この白い薄皮も包丁で綺麗に取る


RIMG0004_convert_20131101185520_2013110118581979f.jpg


この実を房で割って中身だけを取り出す


RIMG0005_convert_20131101185533_201311011858195bf.jpg


中身はすぐに取れる
完熟って事だろうか?
ぱさぱさの実のもあったので熟れすぎていたんだろうね・・


RIMG0006_convert_20131101185548_201311011858189e8.jpg


レモン一個が大きかったので6個で中身だけが1kgと100gくらい取れた
お鍋に入りきらない・・


RIMG0008_convert_20131101185601.jpg


半分ずつに分けて頑張って入れて
お砂糖を500gまぶして少し置くとレモンから水分が出てくる・・


RIMG0010_convert_20131101185614.jpg


そのまま火にかけてアクを取りながら煮る


RIMG0011_convert_20131101185629.jpg
RIMG0016_convert_20131101185653.jpg


始めは中火で水分を出して噴きこぼれそうだったので
弱火で半分くらいまでに煮詰める


RIMG0021_convert_20131101185717.jpg


ありゃ?
グラニュー糖を使ったっていうのに
この色はなんだ???
味を見たら酸っぱくて無理だしなんだか苦いのよね・・

どうせこの色味になっているならと黒糖を200g弱足して
残しておいたレモン汁分を入れてとろみ加減を見ながら煮詰める・・
味的には甘酸っぱくて少し苦みがある・・
何がいけなかったんだろう??
いつもはもっと綺麗なレモン色になるのにな~???
と思いつつ煮沸した瓶へ詰める・・

あくまでもレモンだけのレモンジャムです


RIMG0024_convert_20131101185732.jpg


ちょっととろみ強すぎて市販のジャムのようになっちゃった・・
基本緩めが好きなんだけれど・・
お茶にして飲んだらいい感じなのかもしれないが
小瓶2個と大瓶一個分も出来ちゃったわ・・

あの大きさだと3個で十分なのね・・
勉強になったわ
というより二回に分けて作らなかった自分がいけないのかな・・




今回のレモンジャムの分量・・


・レモン1100g(+レモン汁大さじ2~3杯分くらい)

・グラニュー糖500gと黒糖200g弱・・



かかった時間は小一時間かな?
量が多くて煮詰めるのに時間がかかったのが色味の原因かな?
いつもは作り上げるのに20分もかからないもの・・
やはり大きすぎるのはダメなのかな?
今度は小さいので作ろうかな・・



にほんブログ村 猫ブログへにほんブログ村 ハンドメイドブログへにほんブログ村 ハンドメイドブログ 羊毛フェルトへにほんブログ村 ハンドメイドブログ 粘土細工・ミニチュアへ

しいたけ虫の続き・・



昨日コーナンから買って帰ったしいたけに虫がたくさんついていた・・

昨日のうちにコーナンへ虫がいる事を連絡したら
すごく気持ちのいい対応をしてもらって
今日取り替えてもらいに行きました・・(昨日の記事参照)





コーナンはあくまでも近くではない
少し遠い・・
買った金額も500円程度なのでそのまま放置でも良かったけれども
電話での対応があまりにも良かったし
他の人もこんなに虫がいるしいたけを買って帰ったらダメだろうと思い行ってみた





良いお天気の中ドライブする事20分あまりコーナンへ着く


レジでサービス係の人を呼んで頂いて対応して頂いた



来られたのは少し年配のエプロンをつけた女性で


「 ああ、聞いています 」

「 どうしますか? 取り替えますか返品しますか? 」


と来て早々に言われる
買ったしいたけの3枚以外にすべて虫がついている事を説明していると


「 では同じものになるので返品ですね 」


とあくまでも事務的に
というよりもクレーマー扱いをされている感じがする様な受け答えをして頂く・・


買った5袋すべてに虫がいたという事は
今置いてあるものにも虫がいるという事だと思うんですが・・
一言なり虫がいる場合もあると記載した方が良いのではないのかと聞いてみたら


「 そういう連絡は一度も受けていません。(私を指し)・・が初めてです 」


と言われた・・・
挙句


「 どこに虫がいるんですか? 」


と言われ持っていったすべてのしいたけを見せて説明する
昨日水に浸けて洗ったのであらかた虫は取れてはいるけれど

丸のままをかさ部分を上から見せて
ヘタ部分を見せて
ひだ部分から割って中の虫を見せる

見た目がすごく綺麗でも中に虫がいる事を伝えると


「 あぁ~・・・、 では返金しますのでこちらへそうぞ 」


としいたけをその場に置いて足早にサービスセンター?へ案内される
というか置いて行かれそうになるのを早足でついて行った


「 お金を渡すので用紙へ名前と住所電話番号などを記入して下さい 」
「 は? 」
「 お金の受け渡しなので書いてもらうようになっています 」


と用紙を渡され記入・・





なんというか
ものすごく
私が悪い事をしている感じ・・


謝るでもなく
頭をちょっとでも下げるとかでもなく
金を返すからとっとと帰れ的な扱いを受けた感じがする








もう二度とコーナンへは行かない




というよりももう二度と行きたくないわ




フジの時の対応もひどかったけれど
コーナンはそれ以上でした



数ある袋の中から
虫がいるしいたけだけを寄って買って帰ったらしいです

だけに虫がいたそうです

しいたけは人気でみなさん喜んでたくさん買われていかれているとの事です







まず虫がいると言われた段階で
置いてあるしいたけのチェックをするべきだろう・・


口先だけでもいいから確かめてみますとか言えないのか?
口先だけでも申し訳ありませんとかの言葉はないのか?


ふざけるんじゃない!!


と言うのもバカらしくてそのまま帰って来ましたが
昨日の電話の対応との違いに悲しくなりますね

残念なお店だわ
ああいう人を雇っているなんてね
正社員かパートかは知りませんが
客商売って事を認識してお仕事されてらっしゃるのかな?


まずわざにお店へと出向いた事に対しての言葉があるべきだろう?
虫がいた(らしい)事に対してお詫びするべきだろう?
返金時にも何らかの声掛けがあるべきだろう?

ぺっと500円を渡されてそれっきりなんてどうなんだ?




腹立つよりも気分が悪くなる対応で嫌悪感いっぱい
そんな500円玉持っていたくもなくて
帰り道近場のお店でお買いものして置いて来ました



本当にありえない対応だったわ・・



にほんブログ村 猫ブログへにほんブログ村 ハンドメイドブログへにほんブログ村 ハンドメイドブログ 羊毛フェルトへにほんブログ村 ハンドメイドブログ 粘土細工・ミニチュアへ

シイタケ虫!!

免許証更新手続きにて運転免許センターへ迷いに迷って行ってみた(←おい)



もれなく帰り道もいい感じに迷って行きついたコーナンで(←おい)
お買いものをしてみた



本当にたまたま行ったら
綺麗で肉厚なとても大きなシイタケが3つ4つ入って一袋100円で売っていた・・
直径が10cm前後もあって規格外なので安いのかな~?
と・・

キノコ大好きー
っていうかシイタケが大好きなので
冷凍と干しシイタケにしようと5袋も買って帰る





夜調理開始・・


まずシイタケにキズがないかをもう一度チェックして
しばらく水に浸けて置き
流水でよく洗う

いつもならこれで食べれるんだけれど・・





ひだ部分を特に綺麗に洗っていたら・・


RIMG0039_convert_20131028212609.jpg


これはもしかして・・・


RIMG0040_convert_20131028212621.jpg


なんちゃら虫・・
何だっけ?
いつも『 しいたけ虫 』って言っていたからな・・

『 ムラサキトビムシ 』だそうです(←気になったので調べてみた)

食べても害はないらしいんだけれども
ちょこちょこ動いてるのを見たら食べる気が失せるんだよな・・
これ・・


RIMG0041_convert_20131028212632.jpg


お水にしばらく浸けていてもしいたけにしがみついてるんだわ
流水で洗うと割に流れていくんだけれども
それでも後々はい出てくる・・


RIMG0042_convert_20131028212645.jpg


もちろんこれがいるって事は・・・


RIMG0033_convert_20131028212321.jpg


ほら


RIMG0032_convert_20131028212258.jpg


ほーーーーらっ
ほらほら・・


43_convert_20131028212820.jpg


頑張っているわ・・


RIMG0034_convert_20131028212437.jpg
RIMG0035_convert_20131028212509.jpg
RIMG0036_convert_20131028212530.jpg
RIMG0037_convert_20131028212544.jpg
RIMG0038_convert_20131028212557.jpg



・・・・




ちょっとなら洗い流して
しいたけ虫だけ取って食べるんだけれどもね・・


今回のしいたけはあまりにも多すぎた
これ目が薄い人は知らずに食べるわ・・


たくさん売られていたけれど
他の人も買うよな~~~
安かったからどうしようかと思いつつも
コーナンへ電話してみた

綺麗に見えても虫がいる事を伝えたら
返金するか品物を変えるかするとの事
気分がよくなるくらいにすごく丁寧な受け答えをして頂いた


しかし


「 残っているものを冷蔵しておくので明日選んで下さい・・・ 」


って言うんだけれどもね・・

買って帰ったしいたけ全部ばらしてみたんだけれども
虫がいなかったしいたけは1~2枚だけ・・
しばらくしたらしいたけちび虫がはい出した・・

多分それ全部にしいたけ虫ついてるよ・・
だから安かったんだね~

って見た目は本当に目立つ傷もなくて綺麗なんだよね
ひだ(かさの裏)の色味も綺麗だったのに・・

ヘタを切った時に
色味が違っていたんだよね
少し茶色がかっていたり穴が開いていたり
明らかにしいたけ虫がいる証拠だよね~


これ生産者は知っていて安く出しているよな・・

性悪なやり口だわ
一言虫がいる事を書くべきだろうよ

何度も言うけれど
目が悪い人は知らずに食べちゃうってば・・

買う時にすごくチェックしたんだけれど
しいたけ虫は見つけれなかったものな~
お水に浸けていたらひだの中からはい出てきたんだよな・・

いくら害がないったって見た人はいい気はしないだろうにね
特に知らない人だったらこんなの見たらプチパニックに陥るわ・・



というよりも
しいたけ焼いて食べるの楽しみにしていたのにな・・

残念~



にほんブログ村 猫ブログへにほんブログ村 ハンドメイドブログへにほんブログ村 ハンドメイドブログ 羊毛フェルトへにほんブログ村 ハンドメイドブログ 粘土細工・ミニチュアへ

りんごジャム

リンゴ5~6個入り198円
サンつがるなので、柔らかく甘いリンゴ・・(←私の認識では)


これも生食用とジャム用で二袋購入
というか実は前の日に別のお店で、5個入り400円で買ったばかりだったりする・・
このリンゴは少し硬めで甘酸っぱくておいしかったけれども
今回のリンゴはやっぱり柔らかくて甘かった・・


ぶっちゃけ
リンゴを甘く煮たものは好きではない(←おい)


市販のリンゴジャムやアップルパイ系はほぼ甘ったるくて食べれない
自分で作ったアップルパイもあまり食べない
リンゴジャムも作るけれどほとんど自分では食べない
生だといくつでも食べれるのにね
煮たリンゴが得意ではないらしい・・


でもジャムを作るのは好きなので毎年作っている気がする・・
ジャムとか煮豆とか適当に作れるものが得意料理です





≪ リンゴジャム ≫


・リンゴ 600g(二個半分くらい)

・砂糖 250gくらいを用意する

・レモン 大さじ6杯・・もう少し入れたのか??




作り方・・


① お鍋に皮をむいたリンゴをスライサーにかけて入れていく

  ※ 形のあるものが良いのなら大きめに切り、ドロドロが良いなら薄くスライスすると溶けやすい
    私はドロドロ派なので、面倒だしスライサーしながらそのままお鍋に入れていきました
    紅玉とか皮が赤いリンゴは皮も入れると綺麗な色味になります


② レモン大さじ一杯をリンゴにかけて混ぜ、用意したお砂糖の8割くらいをスライスしたリンゴに混ぜる

  ※ この時のレモンはリンゴの変色を防いでくれていると思う
    レモンの風味は消えるので後半にレモンを足します


③ 中火にかけてリンゴを混ぜ合わせ水分を出す

  ※ リンゴは焦げやすいので混ぜながら作ります


④ 全体的にくたくたになったところで、レモンとお砂糖を入れて味を見ていく

  ※ 柑橘系ほどには水分が出ないので、適宜混ぜながら火加減を見ていく
    私はめんどくさがりなので、中火でずっと混ぜながら作ります(←10~20位でできるはず)


⑤ 程よい硬さで煮沸した瓶に熱いうちに詰めて、粗熱を取って冷蔵庫へ入れる

  ※ 今回のは、ちょっと煮詰めすぎた感あり
    毎回作り方が適当なので、甘さも酸っぱさもとろみ加減も違っている
    その時の気分で味が決まる




中瓶二つとちょっと分出来ました
リンゴも甘かったので少し私には甘い感じですが、いい感じにレモンも入っているので
甘酸っぱくおいしく出来上がった

お砂糖は今回グラニュー糖を使用
250g用意して少しだけ余る感じだったかな?(←本当にいいかげん)

皮は赤い部分を少し入れて煮たせいか、実だけで作ったよりも少しピンクがかっている気がする
※ 皮は途中で取り出した


RIMG0038_convert_20131017071006.jpg






朝の4時に目が覚めて(←寝たのは1時ごろ)
そこからちまちまとジャムを三種類作ってみた
堪能したので
ジャム作り一旦終了~



RIMG0032_convert_20131017071036.jpg

あ・・・
しまったな・・生活感が映っている・・
撮っている時には気付かなかったわ





やっぱりみかんが一番おいしかったのー

リンゴジャムもヨーグルトに混ぜて、生のリンゴをざく切りにして一緒に混ぜて食べたらすごくおいしかった


もう少し作り置きしておこうかと考え中・・
ジャムはやっぱり手作りがおいしくて好きだな


意外に簡単に作れるので試してみて下さいね




※ 10月26日(土)27日(日)ホテル奥道後『 おまつり市場 』へ参加します。

にほんブログ村 猫ブログへにほんブログ村 ハンドメイドブログへにほんブログ村 ハンドメイドブログ 羊毛フェルトへにほんブログ村 ハンドメイドブログ 粘土細工・ミニチュアへ

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

未分類 (1)
にゃんこ (285)
わんこ (11)
保護にゃんこ (18)
仔猫里親募集 (209)
よそにゃんこ (4)
子猫を保護した時 (1)
いなくなったにゃんこ (5)
羊毛フェルト猫の作り方 (8)
粘土細工 (492)
フェルト細工 (145)
ビーズ細工 (4)
オーダーご依頼について (1)
植物 (7)
食べ物 (23)
その他 (80)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

プロフィール

ねこにゃ

Author:ねこにゃ
にゃんこブログ
『 うにゃにゃにゃ 』へ
ようこそ!

にゃんことわんこの日常報告。
にゃんこ細工(ねこにゃ堂)紹介もあります。

にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村